フォーファムは落ちにくい日焼け止めだけど石鹸で落ちて無添加処方

フォーファムアウトドアUVミルクウォータープルーフでもせっけんで落とせる無添加処方のフォーファム日焼け止めをご紹介したいと思います。フォーファム日焼け止めには虫除けも同時にできるので面倒なことがまとめてできるのでありがたいです

落ちない日焼け止めクリームを探しているとどうしても、SPFが高いウォータープルーフのものを選ぶと思います。そうなると、配合成分は、肌に負担をかけるものばかりで、肌荒れやニキビ、肌の乾燥が起こります。そして、落ちない日焼け止めは、専用のクレンジングなどで落とさないとおちないことも多いですよね

フォーファムの公式サイト

フォーファム日焼け止めは落ちないけど石鹸で落とせる!

フォーファムアウトドアUVミルクの商品レビューは後ほどご紹介します。さきに、フォーファムの特徴をお伝えしていきたいと思います。

フォーファム日焼け止めの商品レビューはこちら<<<

ウォータープルーフの日焼け止めは、顔に塗ると厚ぼったく日焼け止めクリームが乗っているという感覚があると思います。それが苦手な人もいてあまり日焼け止めでケアをしていないということもあります。

紫外線の危険

しかし、今の時代、日焼け対策をしていないと将来皮膚がんの恐れもでてきます。また、18歳までに浴びた紫外線が生涯の半分以上の紫外線量とも言われているので、子供のうちから日焼け止めを使うのも大事となっています。

しかし、大人でも面倒な塗り直しを、子どもは逃げ回りますよね

フォーファムは大人も子供も一緒に使うことができる商品を販売しています。

フォーファムの日焼け止めは、ウォータープルーフなのに石鹸で落とせるので子どもの肌や敏感肌の人にも負担が少ないです。

スポンサードリンク

フォーファムは無添加処方!?

9つの無添加フォーファムのシリーズは基本的に家族全員で使えるように無添加処方です。

フォーファムアウトドアUVミルクは、

紫外線吸収剤、ディート、パラベン、アルコール、合成香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、旧表示指定成分

この9つが不使用となっています。

フォーファム日焼け止めの成分確かによくあるメインの添加物は使用していませんが、全成分をみると、いくつかは毒性があるのでは?と思うような成分が入っています。

ただ、化粧品は配合量の多い順番で記載されていますので、最初の方には、紫外線散乱剤の酸化チタンやセラミド、植物エキスなどが書かれているので、市販などのウォータープルーフ日焼け止めよりは肌への刺激は少ないほうだと思います。

ウォータープルーフにするためには、落ちにくくするために、紫外線吸収剤が使われていることが多いです。しかし、フォーファムでは、紫外線散乱剤を使っているので、肌への負担が少ないと思います。

フォーファム日焼け止めの価格と特徴

ウォータープルーフなのに肌に優しいフォーファムのもう1つのおすすめポイントとしては、容量は80gで2500円という価格です。こだわっている自然派コスメにしては、安いと思います。

 

とても強い日差しを感じやすい、サーフィンなどの海や、キャンプなどの山へ行く時は、特別な日として、フォーファムよりも強力ながっちりと日焼け対策できるものを使うといいでしょう。

また、「飲む日焼け止め」と併用すると、しっかりと外からと体の中からのケアができて、塗り忘れや、クリームを塗れない頭皮や目の紫外線対策もできます

フォーファムアウトドアUVミルクの実体験商品レビュー

フォーファムアウトドアUVミルクは、ウォータープルーフなのに石鹸で落とせるという特徴を持っています。ウォータプルーフの日焼け止めクリームは、肌が気持ち悪かったりするのですが、フォーファムは軽い付け心地で使いやすいです。

フォーファムアウトドアUVミルクフォーファムのシリーズは、茶色の自然派コスメをイメージさせる外箱と、本製品は白を基調としてとてもシンプルなデザインとなっています。カバンに入れて持ち歩いていてもおしゃれですよね

 

フォーファムの日焼け止めを手にのせる

フォーファムの日焼け止めを手の甲にのせてみました。クリームというよりは乳液に近いテクスチャーです。とても柔らかいです。

 

フォーファムの日焼け止めをなじませる

フォーファムをなじませてみると、とても伸びがいいのでなじみやすいです。固く厚ぼったい感じもありません。これなら子供につけても気持ち悪がられないですし、塗るのに時間がかかるということもありません。

 

フォーファムの日焼け止めは白浮きしない

しっかりと伸ばすと白浮きもなく、肌色に戻ります。フォーファム日焼け止めを塗ることでキメが整ったり毛穴が気にならなくなったりということはないですが、色がでませんから、化粧下地にも使えるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

フォーファムを使ってみた体験談

フォーファムの日焼け止めは1本で3役フォーファムアウトドアUVミルクは、紫外線対策と同時に虫除けもできるという優れものです。

ただ、使ってみた感想としては、虫よけは2時間程度で「虫が嫌う匂い」が消えるのではないかなと思います。虫除け効果も実感したいのであれば、日焼け同様、塗り直しは必要となってきます。

紫外線対策に効果があるかどうかですが、3~4時間程度で塗り直すようにすれば、日焼け対策はできると思います。炎天下でもさほどじりじりと焼けたり赤くなったりしていませんでしたので。

気になる点としては、キシキシ感が少し残るところです。これは、肌に負担をかけない紫外線散乱剤を使っているのでテクスチャーは仕方がないことではあります。今まで使ったことのある紫外線散乱剤使用の日焼け止めは、キシキシとしていましたし、白浮きもありました。 フォーファム日焼け止めはかなり改良されていて使いやすいので多少気になる程度です。

フォーファムをもっと詳しく見てみる<<<

リニューアルをしてパワーアップ

リニューアル

フォーファムアウトドアUVミルクは、2018年3月にリニューアルしました。

容量やテクスチャーの変更がありました。

虫除け試験を実施しているということに関しては少し疑問を感じました。5分間でどれだけ虫よけ効果があるのか?という実験です。確かに5分では忌避できていますが、実際に使うとなれば、3時間程度はそのまま塗り直さないと思います。1時間後や2時間後など、長い時間でどれだけ効果があるのかを知りたかったなと思いました。

フォーファム日焼け止めの価格

フォーファム日焼け止め(For fam outdoor UV milk)は、以前は容量が60gでしたが、リニューアルされ80gとなっています。口コミには「とてもいいので使い続けたいが、価格が高い」のでという意見が多く価格がデメリットとなっていました。それを受けてなのかわかりませんが、リニューアル後は容量を増やしてくれています。そのため、さらに愛用者は増えるのではないでしょうか?

フォーファム日焼け止め(For fam outodoor UV milk)

容量:80g

SPF30  PA+++

価格:2500円(税別)

赤ちゃんから大人まで全員で使うことができます

フォーファム日焼け止めは、石鹸で落とせる肌に優しいウォータープルーフ

フォーファム日焼け止めの価格と特徴

肌に刺激の少ないウォータープルーフで、せっけんで落とせるという日焼け止めはほとんどないと思います。

肌に優しければ、落ちやすかったりSPF数値が低かったり・・・。
ウォータープルーフにするには、肌の負担となる紫外線吸収剤を使用することが多かったり。

しかし、このフォーファムは、どちらも兼ね備えた「肌に優しいのに落ちにくい、でもせっけんで落ちる」を実現した商品です。

フォーファムの公式サイト

スポンサードリンク

関連記事

スーパーウォータープルーフ

スーパーウォータープルーフ日焼け止めでも汗や海水で落ちる!強いアイテムとは?